名もなき女の詩

From The Revo Wiki

Return to Nein

Lyrics[edit | edit source]

ワタシは『《第一の書庫》から

其の地平線に《意識と呼ばれるモノ》を接続した…

此の書庫には既にある種の改竄が認められた。

【彼】と【彼女】は恋人と呼ばれる関係に在った。

やがて、《歴史》敵な戦争によって引き裂かれた二人。

男は死んだと勘違いした恋人への想い故に、

時の権力者の怒りを買い処刑され、

女は生きていると妄信し男を捜し廻った結果、無理が祟り失明してしまう……。

此の悲劇の結末を左←→右すると予想される《因子》。

ワタシは【彼】の

ad921d60486366258809553a3db49a4aと

【彼女】の

ad921d60486366258809553a3db49a4aを【否定】してみた…

さて。箱の中の猫は、生きているのか? 死んでいるのか? 

其れでは、檻の中を覗いてみよう――


『What does a poem really mean to her?

The unknown lady who remained unrecognized in the "Chronicle".

She is the "Nein".』


通り過ぎた遥かな灯(ひ)が 落とした影に花は移ろい

乾いた風が 撫(な)でた女の肌に 深い皺(しわ)を刻(きざ)む


嗚呼... 朱(あか)い空を征く 白い旅鳥(たびどり)よ

お前は【辿りつくべき場所】を知っているのかい?


嗚呼... 連れて行っておくれ 置いていかないで

声に出来ない声


遠ざかる《風景(ひかり)》に 手を伸ばした【第九の現実(やみ)】に

確かなものなど何ひとつ無く


逃げ込んだ 儚い《幻想(ゆめ)》 舞い散る花びらの中

笑う貴方 と 私 と 二人の……


「旅の詩人バラッドよ。

今宵その方の謁見(えっけん)を許すは他でもない。

陛下の即位10年を祝し、祝いの詩(うた)を捧げるがいい…」


追憶に揺れる可憐なる其(そ)の《朽花(はな)》に、

咲き誇る薔薇は永遠(とわ)に届かない……

「バラッド、その方無礼であるぞ!」

然(さ)れど... 然(さ)れど...

「続きがあったのか…」

唯(ただ)... 一輪(いちりん)...

この世の... 常(つね)ならざる...

薔薇が在る!

「そうきたか!」

冬枯(ふゆが)れの世界を

「世界を?」

常春(とこはる)が如(ごと)くに、

「如くに?」

照らし賜(たも)う美は誰ぞ?


\其(そ)れぞ、我らが女王陛下!!!/


『The man put his heart into self defense, and had a long life.

But, his artistic soul died.

What would people from coming ages evaluate? What was the fame he really wanted to defend?』


「わぁー、粉挽き屋の旦那に聞いたんスけど、

うちの親方がモテなさ過ぎて、

とち狂って遂に女かどわかして来たってマジっスか?

……って、ヤッベ。マジだッ!?」

「馬鹿野郎!」

「ふわぁー…」


おぉ、気が付いたかい?

アンタ、この水車小屋の近くの森で倒れていたところをよ、ここに運び込んだのさ

「でスよねぇ~!」

やぶ医者の奴の話では...

過労と栄養不足だろうってさ...

このままじゃ... 危なかった... だろうってさ... だが...


[《命の恩人》(かれ)/俺] は笑って [何か/アレを] 取り出した

あんた、本当にツイてたな。さぁ、遠慮はいらねぇ。どんどん食えよ。

パンなら売るほどあるんだ! って!


「まぁ、パン屋っスからねぇ!」

「はは!いい食べっぷりだなぁ、姉さん!」

「Très bon!」


「――そんな経緯(いきさつ)で... 一命を取り留めた私だったが...

ある心境の変化に戸惑い… 愕然(がくぜん)とした後(のち)...

不思議と前向きに... 生まれ変わったような気持ちで...

暫(しば)し... パン屋さんのお仕事を... 手伝うことにしたのであった……」ルーナCV:花れん


パン屋の朝は本気(マジ)でヤバいぜッ!

鶏(にわとり) <(より) 太陽 <(より)

早起きで生地を

(パン!パン!パンでパンパン!)   捏(こ)ねる → 捏(こ)ねる → 捏(こ)ねる → 寝るZzz...

「寝るーな!」


ウチのパンは生地がウマいぜッ!

麦の種類 → 粉の挽(ひ)き方 →

水に至るまで

(パン!パン!パンでパンパン!)

拘る → 拘る → 拘る → 割る


風土の関係で

我が国の小麦は

(パン!パン!パンでパンパン!)

他国の様には

ふっくら膨らまないけど

(パン!パン!パンでパンパン!)

外はパッリパリ

中はモッチモチ

(パン!パン!パンでパンパン!)

工夫次第じゃ

まだまだ美味くなる!?

(パン!パン!パンでパンパン!)


ウチのパンで皆(みんな)の腹をパンパンにしてやるぜッ!!!

(パン!パン!パンでパンパン!)

(パン!パン!パンでパンパン!)

(パン!パン!パンでパンパン!)

(パン!パン!パンでパンパン!)


焼き上げ時の指示はムズいぜッ!

長くても×(だめ) 短くても×(だめ)

石窯と睨めっこ

(パン!パン!パンでパンパン!)

様子見 → 様子見 → 様子見 → 炭⁂


口は悪いが

腕は悪くない

(パン!パン!パンでパンパン!)

顔も悪いが それは

「放っとけよ!」

場所は帝都パリ

美味さは論(ろん)の勿(もち)

(パン!パン!パンでパンパン!)


【Boulangerie・De Besson】[親方/俺]の出べその 看板が目印

(パン!パン!パンでパンパン!)


ウチのパンでお前の腹もパンパンにしてやるぜッ!!!

(パン!パン!パンでパンパン!)

(パン!パン!パンでパンパン!)

(パン!パン!パンでパンパン!)

(パン!パン!パンでパンパン!)

(パン!パン!パンでパンパン!)

(パンパパパンパンパン! HEY!)


逢(お)う方なき影 追う日々の 光を見失い

傷を負う程に 老(お)う事に 疲れたのかも 知れなかった……

倒れる以前の... 私ならきっと...

這(は)ってでも旅を... 続けたのでしょうね...

《挫けそうな心を励ましてくれる存在(口ずさむ歌)》でもあれば違ったの?

薄情な女ね けれど……


人並みの《幸福(しあわせ)》を 願ってはいけませんか?

《苦難(ふゆ)》を乗り越え 咲くのが《花の命(おんな)》だもの

もし此(こ)れが借り物の《物語(じんせい)》だとしても

《傍で愛してくれる人の笑顔(春の光)》を浴びて散りたい……


『No one who lives in the coming ages will know the name of the lady...』


「パンー、えーパンはいらんかねー!

マダムの肌のように外はカリッカリ…じゃなくて中はモッチモチだよ!」

「あら、それじゃあ一つ頂こうかしら?」

「毎度ありー!」

「おお、腹が減ったのか?パンパンにしてやろうか?」

「もう、パンはまだ早いわよ」ルーナ

「早いか?」

「もう」


「めでたし…めでたし…」

I have successfully connected 《What one \Nmay call 'Consciousness'》

to the horizon of 《The First Archive》...

It seems that the library has allowed altercation of the coordinate

【He】 and 【She】 were in a relationship referred to as Lovers

Because of the man, mistakenly believing the woman was dead,

The anger and wrath of the era led to his execution by the powerful

The result of the journey by the woman, who mistakenly believed the man was alive,

Was obsession leading to oblivion and the removal of her sight…

《Factors》 leading to this tragedy can be shifted to the right ← or → to the left.

I 【Denied】 【His】

ad921d60486366258809553a3db49a4a and

【Her】

ad921d60486366258809553a3db49a4a

Now then, Is the cat within the box... Alive... or Dead?

Let’s take a peek inside the cage ――


"What does a poem really mean to her?

The unknown lady who remained unrecognized in the Chronicle,

She is The Nein..."

[1]

References[edit | edit source]

  1. Kaido